スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    脳みその使い分け

    • 2012.02.18 Saturday
    • 12:39
    脳みその使い分け…って出来るのかな???

    なんか出来るような気がする。。。

    昨日のクイズ

    口口ロ口口口口口口口口口口

    とか、

    ばばばばばばばばぱばばばば

    とか…



    多分、左脳だと見つけづらくて、
    右脳だと見つけ易い気がする。
    きっと、もっと細かい部分なんだろうけど。。。



    「校正」ってありますよね。
    文章を直す校正じゃなくて、
    単純に原文との違いを探す校正があります。
    添削じゃなくて、単純に間違い探し。

    この時、まず先輩に言われたのは
    「文章を読むな」でした。
    「読むと読めちゃう」のです。
    読めちゃうとタイプミスがあっても見えない。

    だから、一枚を置いて、一枚は一行ずつ折るようにして、
    一行ずつ照らし合わせていく。
    一文字づつ照らし合わせていく。
    「読まず」に「見る」

    読むは左脳で、見るは右脳なんだと思うんですよね。

    読まずに見よう…とすることで、脳を使い分けられるのかな?


    最近思ったことですが…

    「促通(そくつう)反復療法」

    とかを知って思うのですが……



    脳って「司令塔」だと、私は思っていたのですが、
    脳から一方的に何か指示をして身体が動く…というような関係と。。。


    でも、
    「促通(そくつう)反復療法」は身体からのフィードバックを受けて、
    脳も変わってくるんですよね。

    その他も、そういう目で見て行くと、
    脳は一方的に何かしているワケじゃない。

    「我思う故に我有り」…って思っていたのですが、
    今何かを思っている私が「私」なんだろうか?
    今何かを思っている私と過去の私と将来の私…
    それらは、記憶を積み重ねた私でもあるし、
    自分で記憶を取捨選択した私でもある。
    何かを選択して出来てきた私でもあるし、
    私とは関わりのない環境によって影響されてきた私でもある。

    しかし、もしかしたら、明日全ての記憶を失うかもしれない。
    その私と、今の私は同じなのか?

    認知症とか、日々の記憶を積み重ねられない病気に罹ってしまったら…
    その私は私なのか??


    ……わけわからん^^;


    私=脳みそ って思いがちなのですが。。。

    もしかするとね、脳みそだってただの臓器の一つなのかもしれないんじゃないの?
    なんて思ったりもする。

    脳みそを使い分けしよう…って思う「私」は…脳みその中にいるの???


    な〜〜んて究極の哲学してみました^^




    ただ、セルフコントロールは出来る…
    その瞬間を味わっている人は一杯いて…
    たとえば、そういう人はオリンピックで金メダルをとっている…

    脳みそが勝手に、こう考えちゃうから仕方ない…ってことから開放された方が生き易いと思う。
    「私」がどこにあるのか分からないけど、
    「脳みそ」から開放された方が楽な気がする。

    脳の使い分けは出来る…と仮定して…
    そうしてみよう!と意識を切り替える…これって、もしかして「何か」の良いトレーニングだよね。



    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし
    JUGEMテーマ:ポメラニアン
    JUGEMテーマ:わんこ

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 12:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは

      自分の論理で対象物を見ると、
      対象物の真の姿が見えてこないというのはよくあることですね。

      絵の学校に通っていた頃、右脳で描く、という本を読みました。
      チャーリーママさんもご紹介されていましたね。

      人間の鼻はこんな感じでこの辺にあるはず、耳はこんな感じで、
      というふうに思い込みで描くと「下手」な絵になる。
      実はゴッホも最初はそんな風に「下手」でした。
      目を目と思わない、耳を耳と思わない、
      ただそこにある線、面、位置関係としてとらえて描くと、
      対象物の真実の姿に近づくんですね。

      絵の学校の帰りに、公園を横断するバスの窓から
      地面に降り積もった枯れ葉が見えました。
      一枚一枚の葉の縁取りがぐっとはっきりと見えて、
      この上なく美しい世界が広がっていました。

      教室でモデルをじっと見つめる間に、
      そういう目のトレーニングをしていたのですね。

      画家は、音楽家は、どれだけ美しい世界を知っているのだろう、
      まだ見ぬ美しい世界がこの世には限りなく存在するのだろう、
      そんな風に思いました。

      犬との生活も驚きと感動の連続♪
      かれらのみている、きいている、かいでいる世界に
      少しでも近づけたら、そう思います。
      • まっちゃんママ
      • 2012/02/19 11:00 AM
      すっごく書きたいことがあります。
      でも…ここではヤメておきます。

      共感したり、理解できていないコトを知ったり、
      ずっと一緒でなくてもいいです。

      「ああ、わかる、同じだね」とか
      「へえ〜そうなんだ、私には良くわからないけど…」とか

      そういう風にそれでも、着かず離れず…
      犬も人も…

      分かり合えないことを「否定」に結び付けるのではなく、
      また、行動修正を迫ったりせず…


      …上手く書けませんが、そんなことを思いました。


      • 虫一郎
      • 2012/02/20 11:46 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM