スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    意見の対立を憎しみ合いにしてはイケナイ。。。

    • 2012.08.22 Wednesday
    • 17:43
    議論をする…ということ。
    私にはまだ危なっかしくて、限られた条件下でなければ出来ませんが。

    限られた条件下。。。

    ああ、道場でのスパーリングに良く似ています。
    同じスパーリングでも…

    まず、信頼出来る指導者の元でなければしない。

    自主トレの時に誰かに誘われてもキチンと止められる「介入」出来る人がいない時には勇気を持ってお断りする。
    スパーリングしている同士では友人であっても、エキサイトしている最中には止められなくなってしまう。互いの気持ち=意地もあるしね。

    だから、やる前は「この人となら大丈夫かな?」と思っても「介入」を任せられる人がいない限りはしない。

    介入を任せられる人がいてもしないのは、相手が信頼出来ない人の場合。

    気心が知れていて日常的には仲良しであっても、
    スパーリングになると人が変わってしまう人もいる。
    「練習」でなく「勝負」になってしまう人。
    こういう人とはしない。

    こういう人は常に「敵」を持っている。
    道場だから当然と思われるかもしれない。
    だが、敵を自分の外に作ってはならない。
    まして、全力で殴り合う世界だ。
    毎日全力で殴り合っていたらそれは練習じゃない。
    潰し合いだ。

    昔の道場は潰し合いで、生き残ったものの世界だったかもしれない。

    今は…そういう人もいるけれど、そうでない人…というか、潰し合いなどは基本的には推奨されない。人が育たないからだ。

    敵は己にあるのだ。

    だから、敵を作りたがってエキサイトしやすい人は、良い人であっても練習中の信頼関係は残念ながら結べないのでスパーリングはしない。
    誘われたら直接的なコンタクトをしない別な稽古に誘う。
    逃げるのか?と思われるのが悔しくて受けて立ってしまう人もいる。
    しかし…これはだいたい怪我をする。
    見事にどちらかが怪我をする。
    だから、内心に悔しさがあっても「スルー」すること。


    ノーリードの時、レオは吠えない。
    危なっかしい関係の犬とは目線を合わせない。
    走り回って逃げることもしない。
    スルーの達人達犬だったのかも^^
    そう、まだレオが若くてチャーリーママさんを知らない時、
    いつも吠えるレオが吠えずにウロウロしているのを見て、
    「自力で逃げられれば吠えないのか…リードのせいだったのか…」って思ったんだったっけ。
    だから、チャーリーママさんを知る前から、挨拶の時リードは緩ませる。それがイヤだと感じる犬とは挨拶しない…って決めたのだった。
    だからチャーリーママさんの「スルー」はすっごく意味が分かったんだよな…
    受けて立たないレオを偉いな〜って思ったっけ。。。

    あ、脱線しました。



    試合でも「アイツには負けたくない」と言う人は結構いる。
    確かに向かい合った時に「この人には負けたくないな〜」という相手がいないワケじゃない。
    でも、そんな心境で試合場に立つのは非常に辛い。
    そして、思ったような試合も出来ないのだ。


    ヘタクソな私が唯一誇れることは、
    相手に勝ちたい、負けたくない…という気持ちで試合をしたことはない、ということ。
    自分の練習した技が出せるか?この試合での「課題」をクリア出来たか?
    そのことに集中して試合をすることが出来た。

    これは歳をとってから空手を始めて良かった…としみじみ思えた。
    若い子と一緒になって勝ち負けは争えない…って思っていたから。

    殴り合いはしたが、憎しみ合いは無かった。
    切磋琢磨して稽古したが、いつも体は苦しかったが心は楽しかった。
    だから、道場で出会った仲間を私は今でもリスペクトしている。
    仲間は今でも大好きだ。





    議論をする。
    意見が対立する。

    対立した意見の持ち主を「敵」と感じると「言い負かしたくなる」
    コチラが敵と認識したら、アチラも迎撃に出るのは当然だ。
    互いを敵同士と認識し合う事になる。
    ここに争いの火種がある。

    道場が「敵だらけ」になってしまう人もいる。
    道場をどんな場所、道場生というライバルを技を高め合う仲間とするのか、技を盗んだり打ち負かしに来る憎い敵とするのか、どんな存在とするか…それは、その人の胸先三寸だからだ。


    しかし、自分の外に敵を設定し続けること…これは苦しい、と私は思う。


    私が求める対立の終決モデルは「合議」コンセンサスを得るということ。

    殴り合いが憎しみ合いでは無いのと同様に、
    意見の対立も憎しみ合いでは無い筈だ。
    意見が対立するということは、幅広い可能性からゴールを選択出来る、可能性が広がるということの筈だ。


    という理想はある。
    しかし、議論の技術が無いな〜…と凹む。



    JUGEMテーマ:わんこ
    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし
    JUGEMテーマ:ポメラニアン

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 17:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      憎しみをもってはいけないけど 今でも相手を憎しみでいっぱいになる時はある まだまだ未熟なレオぽっちです(^-^ゞ

      憎しみをもつとかならず必要になることは 自分が正しいという正当化する理由が必要になってきますね
      理由をいくつも そして日頃から相手のアラ探しに一生懸命になり 自分を支援してくれる仲間を作りだす 前に私がコメントしたように莫大な時間とエネルギーを使って 本当に力をいれなければいけないことをそっちのけでね

      ついついそのようになりがちになりますが 虫一朗さんは 知っていると想像するのですが 憎しみによって良くなったことはないということをね

      レオからも教えてくれますからね

      とりあえずコメントはここまで 私も議論はへたっぴなもので…。
      • レオぽっち
      • 2012/08/25 6:49 PM
      私、この記事には、私用の補足が要ると思っていました。
      議論じゃないです^^;
      考えるキッカケを頂きました。

      私自身、憎いとか嫌いとか許せないとか…そんな感情を持たないワケじゃないし、そういう感情が自分の中に起ることは当然のことで、そんな自分の事、許してあげても良いと思う。
      というか、そういう自分を許せなかったら潔癖すぎるというか…多分、人にもそれを求めてもっと苦しくなると思うのです。
      いつも楽しいことばかりじゃない、ネガティブな感情だって起る。
      でも、その感情を抱かせた対象を敵とするか否か…ここがポイントかなって思いました。
      「敵」と認識してしまうと「攻撃行動」に出ちゃうんですよね。相手の行動をヤメさせようとしたり、ヤメさせるために相手を傷つけることも厭わなくなる。

      これは、自分の中にネガティブな感情が沸く事とは切り離せる筈だと思うのです。
      嫌い…は嫌いで仕方ない。
      憎い…も憎いで仕方ない。
      自分の中のエネルギーをそこに執着させるか否かは自分の問題だな、と。

      きっと、執着してしまう自分が苦しいから、相手の行動を変えさせようとしたり、相手自身が消えて欲しい…なんて願うことが「敵」として「攻撃」することなのかな。。。

      苦しい感情から自分を引き離すことが出来れば良いワケで、それには誰かを動かすことよりも、自分の気分を変える方が簡単。

      これが外的コントロールをヤメて、スルーするってことかな。

      ただ、対立すらしてしまう、自分には持ち得ない価値観は、何かのヒントになる。

      ネガティブな感情と議論を切り離せたら、視野はグンと広がって、自分はもっと楽になれるんだろうな…と思ったりします。
      • 虫一郎の追加
      • 2012/08/25 7:15 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM