スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    犬に信頼される人に、自分を育て直す

    • 2013.01.31 Thursday
    • 14:35
    評価:
    テンプル・グランディン,キャサリン・ジョンソン
    NHK出版
    ¥ 2,310
    (2011-12-21)
    コメント:再読中!改めて頷きまくり!

    またうれしいメッセージを頂いちゃいました^^てへぺろ〜♪

    昨夜グランディンさんの本を読み返していたらイチイチ頷きまくりになって、
    まるで初めて読んだような感動^^;はははは。


    p65
    「かっとなる犬」

    怒りシステムは、体を束縛された経験から…

    そうなの、例えば「不審と思った人」とすれ違う時、リードが張らなければそのまま行き違うことが出来る。
    これが私から見るとあまり良い状況ではない。
    小走りで走り抜けようとするし、ターゲットの30-50センチ位まで近づいてしまう。
    下手をすると蹴られる距離。
    ソコへ行ってターゲットを見上げる。
    レオは確認しているのだ、自分を見ているかどうか?
    だから、あえて視界に入るために近づいてしまうんだと思う。
    走ってしまうのは逃げたいからだろう。
    これらは犬嫌いの人にとってかなり迷惑だ。
    これではイカン。

    と思ってターゲットに近づこうとした時にリードを止めると、その瞬間に「怒り」のスイッチが入る。わわわわわん!だ。

    止めるならもっと前だ。

    少し前は「怖くて吠えている」と思っていた。
    そういう時も今でもある。

    しかし「怒り」で吠えている時もある。
    体の拘束を感じた時は「怒り」スイッチが入るのだと思う。

    そのスイッチの対応が私に求められている。


    p67
    「危険をさける犬」

    はからずも欲求不満を我慢する訓練をたっぷりほどこしていた

    未だに「リーダー論」や「権勢症候群」と言われる方法に基づく体罰を使った犬のしつけ法がまかり通ってしまう理由にコレがあると思う。
    理論的にはリーダー論や権勢症候群なんて科学的根拠もなく破綻しているのだが、
    「訓練方法」として素人が行うと、適度な正しい訓練になってしまったりするのだ。
    これは、偶然のラッキーと、犬の忍耐強さのお陰だと思う。
    たまたま上手く行くケースがあるから、それが「リーダー論」や「権勢症候群」という破綻している理論を後から支えてしまう。

    この飼主さんは「犬のリーダーになるため」の「優位性」を自分が示す為の訓練をしていると思っていたのだが、実際には「正の強化」で犬の好ましい行動に報酬を与えるという優しい訓練をしていたのだ。
    リーダー論に基づく考え方だったから「淡々と」「毅然と」「リーダーらしく」振る舞ったのが、犬に不安を与えなかったのかもしれない。
    母の愛からの「優しい弱さ」は犬を不安にさせてしまう。


    私は1年も前にチャーリーママさんに「レオにはティーチャーとしての虫一郎が必要だ」とアドバイスを頂いている。
    でも、当時の私はまだ完全には踏み切れなかった。
    レオはその段階にいたのかもしれないが、私はまだ「母の愛」に辿り着いていなかった。そういう自信が無かった。

    お友達の王子様ママは「母の愛」の人だ。
    この方は、弱くない。強い優しさを持った母の愛だ。
    レオがいつもオヤツをいただいている。
    他のオヤツを選り好みしたり、あまり外では食べられないコにも、
    この方は上手に食べさせてしまう。
    美味しいモノを研究して一杯いろいろ持っている…というのもある。
    あるが、一杯色々持っている動悸は「食べさせてあげたい」という「母の愛」だ。

    柴のアラン君は、最近では私に唸る。
    「こんなモン食えるか!」とガウって言うTT
    そのくせ、焼きたての砂肝なんかを出すと「はじめからコッチを出せよ!」くらいの感じでタンタンと食べるorz
    もう、私には簡単には撫でさせてはくれないだろう。
    でも彼はいつも行くカフェのオネイさんにはデレデレなんだ。
    さらに、大好きシバージョの飼主さん一家、特にオネイさんにもデレデレで
    「オネイさん〜桃子さんとの交際を許していただけるように、お父さんにオネイさんからもよろしく言ってくださいね〜」とデレデレする。
    でも、アタシには撫でさせてくれないんだよ!ふん!

    ところがだ、王子様ママにはオヤツをもらってなでなでされている。
    デレデレはしていないんだけど、「ま、奥さんにはいつも世話になってますから、触ってもいいっすよ」って感じ。デレデレだからではなく、信頼してますからって感じ。

    正しい「母の愛」だな〜って思う。



    母の愛を目指しつつ、私もちょろっとティーチャーを始めた。
    それが「タンタンのトレーニング」
    鼻タッチからの変形で、オテで指差されたモノを触るトレーニング。
    これがレオには意外にも苦手で触れないものがあることが分かって面白かった。
    一つ一つ克服していくのも楽しい。
    クイズを解いたような達成感をレオが味わっているのも感じる。
    目がキラキラしてイキイキして来る。
    「やろう!」と誘われることもある。

    思えば、レオは最初から「麻薬捜査犬ごっこ」=宝探しとか好きだったし、
    達成感を味わいたい、結構努力家なんだよね。
    適度な課題を与えてあげる必要はあるんだよね。
    こういうクイズ系ももっとやってあげないと…だわ。


    p78
    「自分でつけをおぼえた犬」

    優秀な訓練士、動物心理学者、動物行動学者は口をそろえて、犬を扱う人は自分自身の感情のコントロールがとても大切だと語るだろう。

    私が「ティーチャー」の良い部分を発揮するには、「母の愛」を経る必要があったと思っている。
    ティーチャーとしての私は共感性が低過ぎる。
    上から指示し、フィードバックはダメ出し中心だ。
    こういう自分をコントロール出来なくては、レオを導く事は難しい。

    レオを導くつもりが、ダメ出しで否定し、正しい行動を押しつけ、レオが混乱したら、良いコになれないレオに自分が追いつめられてしまうだろう。


    …事実「アナタのせいでレオが吠える」と言われた時は追いつめられた。追いつめられると、結局荒れた気持ちはレオに向かうことになってしまう…のが分かった。分かって良かった。自分が追いつめられた事に先に気付いたからしばらくレオに必要以上に近づかないようにして気持ちの体勢を調え直した。
    これこそがネガティブフィードバックで、同じ言葉を別な人から言われるのであれば、それhアドバイスともなる。しかし、ネガティブフィードバックの目的は、相手を凹ませる事にある。だから相手に伝えるタイミングも重要なのだ。
    今言ったら凹むタイミングで言う。

    もし、真からのアドバイスであれば、相手が凹むタイミングでは言わない。
    何かの間違いで相手が凹んでしまったら、それが真意ではないから必死で救うだろう。。。

    だからネガティブフィードバックはしてはイケナイ。
    ネガティブフィードバックをよくするのは…ティーチャーだったりする。
    ティーチャーは体罰にはあまり向かわないと思う。
    その分、相手を我に返す為に使う「衝撃」として「心に響く言葉」を探す。
    体罰を肯定する人は、体罰によって「ハッとする」ことがあるから。
    体罰の衝撃で我に返ることがあるから。

    ティーチャーは体罰は否定しても、自分の方に気持ちを強く向けさせたい時の「衝撃」として「言葉」を使う。
    それが感動的な良い言葉よりも、時には体罰のようにネガティブフィードバックの方が衝撃が強かったりする。傷つけられた人間が、傷つけた相手の足元にひれ伏す事は珍しくない。
    ティーチャーが無意識に持っている「上下関係」の作り方だ。。。

    「アナタがそんなだからダメなのよ」
    これは、洗脳やマインドコントロール、新興宗教の勧誘の場面ではよく使われる。
    多くの人は、自己肯定感を持っては生きていないから、
    ドキっとして引きずられてしまう。


    ええ〜と脱線しました。
    ああ〜「褒める」もティーチャーには落とし穴があって…

    「賛辞」は、上に向かって褒める時ですが、
    ティーチャーが褒める時、自分が上であることを誇示する為にすることがあります。
    これは「褒め」の形を借りた「評価」ですね。
    評価する限り「上」なんです。
    だから「後輩」と思っている人に「先輩、上手ですね」なんて言われるとうれしくないどころかカチンと来たりする。
    賛辞は下から見上げて…ですが。


    ええ〜と脱線脱線…脱線転覆トリオってあったな^^;


    ええ〜そういうワケで、私のティーチャーの悪い部分を封印して…上手い事コントロールしてレオと付き合いたかったのです。


    数日前にふとつぶやいたのですが…

    「犬を何とかしてるんじゃなくて、私は私を育て直しているから時間がかかるんだ…知ってた気はするけど、ちゃんと言葉に出来たのは初めてな気がするので書いておく。」


    多分、これだと思います。

    犬に信頼される人になるために、自分を育て直す必要がある。
    それはトレーニングと平行して行って行くうちに自分自身も自制を学んで、気付いた時には、犬の笑顔と自分の笑顔を重なる時が来るんだと思う。

    私は、ちょっとレオに待ってもらう時間が長いけど^^;はははは



    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし
    JUGEMテーマ:わんこ

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 14:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      >自分を育て直す

      えぇ、この感じわかります。
      私の場合は主に「動き」でした。

      うちの柴犬が人を警戒する性格だとわかった時に、生活の中で今まで意識せずにやっていた無駄な動きを変えざるを得ませんでした。

      しかし、犬との関わりをスムーズに進めるために、考え方や動き方、その延長に暮らし方、はたまた、生き方まで、たぶんいろいろと工夫できるのって幸せで楽しいですね。
      だって、その先に私たちと犬達の笑顔がありますからねー。
      くまごろーさん^^

      子供が生まれて「子供に母親にしてもらった」なんて言葉を聞く事があります。お母さんがお母さんになろうと頑張ってなってのではなく、赤ちゃんのお陰でお母さんにしてもらった…って。
      いいな〜って思う。私は子供がいないから姑さんに「アナタ達は半人前」って言われて「まあ、そうだろうな〜」と思った。
      お母さんにしてもらうチャンスは無いんだな〜って。

      でも、犬のお陰で、その端っこかもしれないけれど、ちょびっとは味合わせてもらった気がします。

      >しかし、犬との関わりをスムーズに進めるために、考え方や動き方、その延長に暮らし方、はたまた、生き方まで、たぶんいろいろと工夫できるのって幸せで楽しいですね。

      本当に!
      犬と一緒に暮らす幸せって、実はコッチですよね。
      この、もしかしたら「苦労」を楽しまないと犬と暮らす本当の幸せって味わえないのかもしれない。
      どんなに良いコと暮らしても、そのコとの暮らしを工夫することが、一緒に暮らす楽しみであり幸せである…ですよね〜♪
      ありがとうございます。
      • 虫一郎
      • 2013/01/31 7:25 PM
      子供が居ないから半人前だなんて、悲しい言われようだな〜って思ってたんですけど…
      子供1人産んだところで、半人前感は拭えないです。
      誰も表だって口にはしないけど、勝った負けたの世界というか(^_^;
      確かに、学ぶ機会を与えられたという幸運ではあると思います。
      もちろん、好む好まざるに関わらず、相応の苦労もあるでしょう…

      でも、その学びや苦労を自ら取りに行く、飛び込んで行くこと
      そして成長できるかどうかが大事だと思います(^^)/
      • なほこ
      • 2013/02/03 8:07 PM
      こんばんわん^^

      「姑に酷い事言われた〜」と言ってみたワケです。
      でも、姑だって、嫁が母にならないと、自分は祖母になれない。

      しかし私には姑に言えないことがあって…
      姑が祖母の楽しみを味わえなかったのを嫁のせいだと思わないで欲しいなあ〜と。それは冤罪なんだよね。。。

      私は、「経験」か「未経験」か…これは同時に両方の位置に立てないし、未経験者が経験者になってしまうと、未経験者の時の感覚の一切は失われてしまうと思うのです。
      これは未経験が未熟ということではなくて、経験することによって失われるものがあるということ。
      でも、多くは経験によって得るものの方が圧倒的に多いし、失った「未経験」に高い価値を見いだす人は少ない。
      「あんな大人になりたくない」と子供の多くは言うけれど、いつしか皆大人になってしまう。失った「子供」に気付く人は少ない。

      実は、子供を持たないからこそ維持している感覚があって、子供を持った人は、それをすっかり忘れてしまっているな…というのがあるんです。
      でも、これは子供を持って親になった人は忘れてしまわなければイケナイのです。忘れられない人が、本当の親になりきれず子供の養育に悩んで虐待などの方向へ行ってしまうのかもしれない。
      という感覚があるということに気付いて、妙な焦りはなくなり、子供の無い歳をとった女として求められる立ち位置もあるだろうと、今は思います。多くの子供の無い女性を代表して^^言ってみました。

      でも普通は「子供がいないということは半人前なのでは…」と焦って当然。多分、そういうプログラムがされているんでしょうね。
      立ち位置がある…と言っていると同時に、どうしようもない劣等感にも襲われてしまう。
      理屈でほぐしても、どうにもシンドイモノがこみあげたりする。
      養子でなく、どうしても生みたい…という気持ちも分かる。

      と同時に、子供を持たなかったからこそ維持している感覚を大事にしていきたい気持ちもあるんですよ。
      ただね、これを言うと多くの子供のある女性には理解してもらえないし、そんな感覚の存在自体を否定されてしまう。それが「半人前」という言葉なんですよ。

      ああ〜ブログや文字はまどろっこしい〜〜^^;
      すいません、こういう話題は不完全燃焼です!

      • 虫一郎
      • 2013/02/03 10:46 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM