スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    シーザーミランではなく、ヴィベケ・リーゼさんで^^

    • 2013.02.06 Wednesday
    • 16:26
    評価:
    ヴィベケ・S. リーセ
    誠文堂新光社
    ¥ 2,940
    (2011-08-19)
    コメント:これは犬のいるお家もいないお家も一家に一冊ね^^犬と暮らすのも、通りすがりの犬を見るのも楽しくなります。

    評価:
    夏目 真利子
    文芸社
    ¥ 1,155
    (2011-08-01)
    コメント:やはり、私の育犬はここが原点ですから!

    今日のお散歩は大成功!!!!ですよ〜〜〜〜!!!!

    一体何がどうしちゃったんだろう???


    ってか、それだけ、シーザーミランに侵食された私のネガティブオーラがレオを不安にさせてしまったのですね。

    レオの生い立ちもそうだけど(シーザーミランは「過去は過去。今が幸せならば犬は過去など考えもしない」と言いますが)心のトラウマってそういうモノじゃないんでしょうね。
    しっかり愛情を注いで絆を築いて…

    最近のレオとのやり取りで、愛情の壷が上手くいっているって思っていました。
    実際、そうだったのだと思います。
    でも、それは空いていた穴がやっと塞がった…ということだったのかもしれない。
    私は愛情の注ぎ方が上手じゃないだろうし、
    チャーリーママさんに出会うまでは、怒りはしないけど、黙っているロッテンマイヤーさんだった気がする。

    チャーリーママさんに出会って、ぶきっちょなマリラになった感じ。

    やっとレオの穴だらけの壷の修復が終わったところだったのかもしれない。

    そこで、私がまた「否定」を持ち出してしまったから、壷にヒビが入った。
    もともと薄い壷なんだ。
    時間をかけて厚くしないと、壷は簡単にヒビが入ってしまう。。。



    今日のレオ。

    シーザーミランの「正の弱化」で失敗した〜ワケで、じゃあ私はどうすれば良いのか?
    って、基本的にはいつも通りチャーリーママさん流。
    具体的には、この本。

    p14のところです。

    飼主さんが、見逃してしまった「褒め損なったポイント」を、
    見落とさないようにしよう!と思ってお散歩に出ました。
    「褒めポイントを探せ!」です。
    すると、私の口から明るい声が出てる。
    これ…私自身、久しぶりに聞くからハッとしました。
    こういう声だしてなかったんだ…。

    褒めるポイントは私が一杯探して、一杯褒める。
    褒められて、その良い行動がもっと増える。
    褒めるが「正」で、良い行動が増えるが「強化」
    「正の強化」ですね。



    私が前に立ったらレオが座る…というのが、ここ数日の事で逆に出来づらくなっていました。
    レオからのアイコンタクトがほとんど無くなってしまったのです。

    前に立ったら座る…は手こずりました。中止した方がいいのかな?と迷ったり。
    でも、出来た瞬間に褒めました。
    私もしゃがんだらアイコンタクトしてくれたので、思わず私の口から出た言葉が「ありがとう」でした。
    私は、これでいいです。
    こういう関係でいたいです。
    レオも私もこの瞬間を幸せだと思いました。

    ここのところオヤツをあまり食べてくれませんでした。
    手作りオヤツを新しい作り方にしたから、美味しくないのかな?
    そのせいかな〜しかし…お友達にいただいたとっときのも…食べない事があるぞ〜
    という感じだったのが、
    今日は、その食べてくれなかった新しい手作りオヤツをパクパク!

    今日は天気が悪いから公園には子供達がいない…と思ったら大間違い!
    このお天気だと言うのに元気な子供達が大勢!
    傘を差して通り過ぎる人もいるし…
    でも、オールオッケー!

    この後はアイコンタクトも増えました。
    石の上に自ら座って「オヤツにしようか!」って笑顔で誘われました。
    元気な子供達を眺めながらオヤツタイムでした。

    雨の日は匂いが無くなってしまうせいか、
    いつも嗅がない所も熱心に嗅ぎます。
    手がかりとなる欠片を探してしるのだと思います。

    いつもはあまり行かない遊具のある広場へ行きました。
    遊具があるから、小さい子が多いのです。
    でも、今日は天気が悪いので誰もいませんでした。
    それでも子供達がいない時間には来ているのですが、
    大通りに面しているので、車がどの時間でも沢山通ります。
    だから広場の半分から先の道路寄りにはあまり行きません。
    レオも行きたがらないし、あまり端に行き過ぎるとパニック吠えが始まってしまうから。

    ところがです!
    今日は、自分から広場の端っコに行くのです。
    私はちょっとドキドキしましたが、様子を見ました。
    吠えません。
    匂い嗅ぎに夢中だからでしょうか?
    いえ、いつもこうして匂いを嗅いでフト顔を上げて、パニックを起こすのですが…
    今日は、顔を上げても起こしません。
    それどころか、端も端…キワまで行って、歩道を歩く人まで急接近!
    やばい〜っと思いましたが、ここでリードが張ったら確実にアウトなので、
    ここまでなったら緩めるしかありません。
    緩めてタンタン♪タンタン♪タンタン♪…
    歩道の人は何事も無いように通り過ぎました。
    それが何組も…。

    通い慣れた公園だけれど、この端っコは本当に始めて来ました。
    始めてココを歩けました。
    そして、すぐ横を通る人に吠えませんでした。

    向かいに止まったタクシーが扉を開けていて…ということは閉める音が怖いわけですが…
    これは吠えました。

    でも「コッチ〜おいで〜」で移動成功。オヤツをパクリ。
    しかも、タクシーから距離をとったあたりで、
    また戻って匂い嗅ぎの続きが出来ました。


    レオが私の気持ちにこんなにもセンシティブに反応してしまう…それくらいレオは私を必要としていて、私は愛されている。

    シーザーミランの叱る方法、否定、ダメ出しで混乱してしまった私ですが、
    だからこそ、叱らない…ということを強く確認出来ました。

    同じく犬を観察して、犬に正しい指示を与えて安全で安心な道に導くのなら、
    叱って否定するよりも、
    褒めポイントを探して、褒めて笑顔で優しく暮らしたい。
    今日は大満足なお散歩が出来ました。



    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし
    JUGEMテーマ:わんこ

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 16:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんは。
      愛犬と一緒にトレーニングもされてるんですねぇ〜。
      チャーリーママさんのブログも見させて頂きました^^V
      愛情一杯でトレーニング、良い事ですねぇ。
      私もガウガウ犬と誉めるトレーニングしています。
      実は先日、心のモヤモヤ書いてしまったの私です。
      犬のトレーニング…のつもりだったのですが、いろんな事を考えるきっかけにもなりました。
      むしろ、トレーニングっぽいことはあまりしてないんです。
      今私がハマっているのは「肯定感」^^
      いかに自分(達)が否定されて育ってきたのか。
      それを次の世代にもしてしまっているのか。
      子供にすらそのスタンスですから、犬相手となったら「体罰による調教」に疑問を持たない方があるのも仕方ないのかな〜と思ったり。。。
      まだまだ…じっくりゆっくりお話しましょうー!
      • 虫一郎
      • 2013/03/14 1:54 AM
      あなたは、シーザーミランをよくご存じないようですね。ご自分の失敗をシーザーの教えのせいにするのは、どうかと思います。何故なら、シーザーは「叱って否定する」とか「正の弱化」というようなことを言っていませんよ!犬が自ら心を開くまで忍耐強く相手をし、犬のメッセージを見落とさないよう鋭い観察力で捉え、個々の犬に合わせたリハビリー法で対応しています。それができるのも、犬の目や耳、尾、体つき、吠えた声を見ただけ聞いただけで、犬が何を言っているか分かるほど、犬を熟知しているからです。あの、「シッ」っというセリフは有名なところですが、あれも叱る時はしかりますが、体罰には反対派です。愛情を与えるなと言っているのでもなく、愛情を与えるタイミングを人間が知るべきだと言っています。そうでないと、犬は何が正しくて何が間違えか混乱するから。今が褒めるところという時は今です!と言います。そして、よく言うことは、飼い主の心のマイナスのイメージが犬に伝わるため、飼い主がプラスに考えることを言っています。などなど、どこをどう見たら、「正の弱化」とか「叱って否定」になるのか私には理解できません。
      あなたが、何をお手本にどうしようともちろん自由ですが、間違えた情報(シーザーが否定的のような)を書くのはどうかと思いまして反論文を書かせていただきました。よく知らない人のことはあまり悪く書かない方がいいかと思います。
      • シーザー派
      • 2013/04/17 2:54 AM
      ボブベイリーとも親交のあるD.I.N.G.O.のセミナーを聞いてみてください。カレンプライヤー、トゥーリッドルガースとも親交があり、科学的根拠のある学習理論に基づくトレーニングをしていますよ。
      • ぐらまま
      • 2013/05/14 5:11 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM