スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「ボクを分かって欲しい!」わん!

    • 2014.04.07 Monday
    • 22:16
    レオは吠える。
    最初、我家に来た頃は、吠えてもパニックで感情が爆発した…というような、誰かに宛てたモノではなかった気がする。

    一人で勝手に自分の為に警戒吠えをしていたような感じ。

    だんだんとレオとの関係が出来てくると、
    レオは私に向かって吠えるようになった。

    「要求吠え」だ。
    最初は警戒吠えと要求吠えの違いも見えなかった。

    その見分けが着いた頃、
    不思議な警戒吠えがあった。
    何に吠えているのか分からない吠え。
    「どうしたの?」と聞けば吠え止む。
    次第に分かったのは、要求吠えを私が無視したか気付かなかったか、後でと言ったか…とにかく、要求吠えでは私を呼べなかった時に、警戒吠えのフリをしているような吠え。
    私が注目すれば止むので、多分合っていると思う。
    「警戒吠えのフリした要求吠え」と勝手に命名。

    最近増えたのが「文句吠え」^^;
    私がやった何かが気に入らない時、吠えで「違う」と。

    昨日の散トレの事とか色々考えていて思った。

    こんなに諦めないで「違う!」っていう訴えをしてくれるって、ありがたい。

    人もそうだけど、
    何か思うところがあってもあまり言わないで我慢してしまう人とは、そうは親しくならない。他人行儀ってヤツだ。

    犬も案外とそういうコがいる。
    「まあ、通じないけど仕方ないや…」みたいな。

    レオも最初はそうだった。
    レオは水が飲めないのだ。
    器を持っていてもらわないと怖いらしい。
    飲める時もあるが、出来れば持っていて欲しいらしい。
    …という事に気付けたのは、レオが文句吠えをするようになったからだ。
    それまで、レオはどうしていたのか?
    水を飲まないで我慢していたのだ。
    私自身、レオの水の飲む量が少ない事がすごく気になっていた。
    でも、食事は雑炊にすると食べなくなってしまうし…
    味のある水にしても飲まなかった。
    そもそも「食」にも色々課題があるので、
    食わず嫌いというか、初めての味は敬遠する。
    だから、たとえ美味しくても味のついた水はダメみたいだ。

    それが「こんな所に水を置かれちゃ飲めないよ!」って吠えてくれるようになって水の器を持ってあげるようになった。
    そうしたらゴクゴク飲むではないですか。

    私が器を持つと飲める…というのは、お散歩で器を持ってあげるようになったからだと思う。
    家でもそうして欲しい…とレオは訴えたのだ。

    レオのそういう「訴え」を理解出来た事で、私達は一歩近づいた。

    レオの要求がある度にそうやって互いが近づく。

    文句を言わず諦めてしまうコだったら、
    私は「このコは、私の世話で十分満足している」と信じて疑わなかっただろう。

    レオはどうして欲しいのか、何が違うのか、何が足りないのか…そう言う事を諦めずに伝えてくれるようになった。

    それは「レオを分かって欲しい」という切実な想いのような気がする。
    人と強く深く絆を結びたい…という意欲なのではないか?

    まあまあソコソコの関係では満足しない、強く深く絆を結ぶために「それは違う!」と文句吠えをしてくれるのではないか?


    吠えたり、噛んだり…飼主さんが戸惑う位に文句を言うコは、それだけ求めているのだ。
    求められているという事は「愛されたい」という訴えなのだ。

    粘り強いレオの訴えがありがたい。。。
    私への強い愛情なのだから♡





    web拍手 by FC2


    JUGEMテーマ:ポメラニアン

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 22:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      「警戒吠え」も、最初の一人で我身を守ろうとしていた頃と違い、
      「要求吠え」同様、私に知らせる「お知らせ吠え」になった。
      「外で音がするが、大丈夫か?」「虫一郎は聞こえてる?」というような。
      私は聞こえている事をレオに伝える為に、レオが警戒した音と同じ音を再現して「バン!って言ったね」と言って聞き耳を立て、「でも、もう大丈夫だ」と音がしない状態の時に言う。
      という事を繰り返し、レオが警戒する音は随分減りました。
      最初は鳥の声にも反応したので大忙しだったし、レオ一人の世界でパニックを起こしている状態だったので、石像インターセプトで乗り切りました。石像インターセプトだと我に返れる。

      現在のようなパニックではなく、普通に「あの音やばくね?」系の警戒吠えは一緒に聞いて「ありがとう、大丈夫みたいよ」で落ち着く。
      落ち着かないタイプの音、ゴミ収集車の止まない騒音等は一緒に戦う^^
      動的ストレッチを兼ねて、突き蹴りの稽古^^
      「エイ!」と音の方向に向かって突き。
      私が戦う意思を見せると、レオは背中を向けて寝てしまう。
      数発で済んでしまうので、あまりストレッチにはならない。
      あれ?目的が違う^^;
      • 虫一郎の追加
      • 2014/04/08 9:24 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM