スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    逆バンジーする犬

    • 2014.07.23 Wednesday
    • 15:25
    評価:
    ---
    ---
    ---
    ()
    コメント:これは…私は中古でお得に購入したのですが……「アタリ」です!オーソドックスですが、オペラアリア鑑賞入門編にはピッタリでした♪

    リードが張ってグッとなる…
    それは痛いとか苦しいとか「不快」なんだろうって思っていた…決めつけていたんだけど…

    会うといつも興奮するワンコっている。
    子犬や若い犬にはそういうコは多いし、
    右に左に行ったり来たり…
    リードが張って苦しかろうに…と思っていたのですが。。。




    子犬とは限らず、
    レオよりも年上でもこういうコもいる。
    飼主さんは共通して「人が好きだから」と言う。

    そうなのだ、ワンコは出会った人に撫でてもらおうと体をくねらせている。
    「自称・犬好き」が大好きなタイプだ。
    「自称・犬好き」が甲高い声を出して犬に話しかけつつどこまでも撫で続ける。
    犬は興奮しきっている。

    私はすっかり犬に自分から手を出さなくなっていた。
    ハッと気付いたら…私が手を出さないので、
    このコは不満そうにチロチロと私を見たり、私の体のアチコチを嗅いだり、もちろん立ち上がって両手でお願いとかもする…
    しまいにはわざとサラダバーを始めてしまった。
    飼主さんは「今日はどうして葉っぱばっかりなの〜??」って困っていた。
    私が思いっきり撫でてあげれば、このコはサラダバーはしなかったのかもしれない、と思った。。。



    でも、このコはオヤツを食べない。
    外では食べられないタイプだ。
    関心はあるし、多分、お土産にしたらお家で食べると思う。


    このコにとっては、
    オヤツよりも人に撫でられていると内的報酬が出るんだろうな〜と思った。


    逆バンジーもそうだ。
    リードがビン!と張るんだけど、張るという事を犬は承知している、と感じる。
    ここまでダッシュするとビン!となる…ひゃっほ〜!みたいな。
    バンジーがバンジーを呼んで、飼主さんの声は全く伝わらなくなる。

    飼主さんも甲高い声で名前を呼んだり「コラ!」「ダメ!」とか言いながら、
    リードをしっかり持ってバンジーに付き合うしかない。
    しかし、犬は飼主さんがしっかり持っている事を計算に入れて、
    そこに体を預けて逆バンジーしている。

    まさしく、人間がバンジージャンプを楽しむのと同じ感覚なのだと思う。
    バンジーを怖いと思う人には理解できないが、
    退屈というものは、人をバンジーやジェットコースターや、爆音が轟く巨大花火や…
    そういうものに走らせる。。。

    欲求階層で考えれば、
    命の保証がされているから、退屈になり、だから次の「喜び」を求めているのだと思う。






    脱線するが、オペラの歌唱法やそれに適した声質に「コロラトゥーラ」というのがある。
    多分、最も有名なのはモーツァルトの『魔笛』の夜の女王のアリアだと思う。
    映画『アマデウス』でも使われた。
    小鳥のさえずりのような歯切れの良い高音。
    音が上がれば上がる程、聞く者の興奮も上がっていく…そんな唱法。。。


    これが、自称・犬好きと飼主さんがピンチの時に出す声と同じなのだと思う。
    犬にはとても興奮を誘う声。

    本来は、楽しい安全な遊びを誘う時に使うと有効な声。




    さて……

    …もし、この逆バンジーするワンコの飼主さんが、
    リードが張らないタイミングで「ぱー」に出来れば、
    自発的な逆バンジーはなくなるのだろうと思う。

    実際、子犬の頃、似たような逆バンジーをしていたコ達…
    一人の飼主さんはリードを緩める事を頑張った。
    すると…このコは犬年齢相応の「大人犬」らしい態度になった。

    バンジーするコは未だに子犬のようだ。

    どちらが良いのか…私には分からないが。。。



    私は、レオの不要な興奮状態は無い方が良いと思って来た。
    自分でもワケが分からない興奮状態に陥る事が危険に思えたからだ。
    …まあ、レオの場合、人に撫でられたくて興奮する…のではなく、
    興奮は異常な吠えに直結していたし。。。



    レオと色々やっていて、
    私がリードを手繰りながら長さを変えつつもっていても、
    レオは今「リードはどこで張るか」を把握している、と感じていた。





    子供が親の手にぶら下がって駄々を捏ねる時、
    親に自分の体を預けきっているのに似ている。

    ただ、ニュアンスとして、パーは、この親への信頼を裏切るものではない。
    「カックン」と、いつなるか分からないからリードを張らせなくなる…というのではない。
    リードはつっかえ棒じゃないんだよ、飼主さんはキミの体を強制的に拘束しないよ…を伝えるものだと思う。
    不思議だが、外見上全く同じに見えるテクニックをしていても、
    この心情の持ち方がバッチリ犬に伝わる。
    「カックン」で寄っかかるといつ身を引いて支えてくれなくなるか分からない人…と思われるのと、
    自立を自制を支えてくれる…と、全く違うモノが伝わる。
    本当に不思議だ。。。




    犬が逆バンジーしているのは正しくない依存状態なのだと思う。
    その状態に慣れて、その中に歓びを見出した結果というか…。



    人に興奮する犬も…何かに似ているな〜と思ったら、
    ……「追っかけ」だね。

    一昔前なら「杉様〜」みたいな。
    ワイルドな杉ちゃんじゃない方だけど^^;
     
    ジャニーズや、宝塚や…
    追っかけって追っかけるだけで興奮する。
    そのハイテンションが非日常の刺激で愉しい。

    追っかけをしている人は、追っかけている対象が好きだから…というけれど、
    好きでも追っかける人と追っかけない人がいるのは、
    追っかける人は「追っかける」時のハイテンションそのものが愉しいのだ。
    追っかける時のハイテンションで内的報酬が出るのだ。

    飼主以外の人に撫でられるために散歩に出る犬って、こんな感じかな?と思った。


    犬も人も「退屈」って怖いんだよね。
    動物園の動物達が命の危険が無い檻の中で、今度は退屈と戦っている。。。

    脳は、適度な刺激、心地良いストレスを欲している。
    飼育員や飼主さんが適切な遊びを提供出来ないと、
    動物達や犬は自ら危険な遊びを始めてしまうのかもしれない。。。


    男は退屈より電気ショックを選ぶ:研究結果
    http://wired.jp/2014/07/07/men-would-rather-give-themselves-electric-shocks/ 
    @wired_jpさんから




    web拍手 by FC2




    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし
    JUGEMテーマ:ポメラニアン

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 15:25
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM