スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『12人の優しい日本人』 その2 アイスブレーキング3

    • 2006.03.13 Monday
    • 01:28
    陪審員長である、1号浅野が「喫茶の出前をとります」と全員に言います。
    彼は、陪審員長という世話係りという役割を得ていることで、
    この集団の中の居場所を既に得ているので、
    他の11人とは緊張の様子が違います。

    1号浅野の声に素早く反応したのは、3号伊藤正之と8号鈴木砂羽です。

    続きはread moreをクリックして下さい。
    ネタバレです。
    3号伊藤は、自分の仕事を見つけてホッとしています。
    素早く反応した8号鈴木と連携を組みます。
    分担するほどの仕事では無いのですが、
    この時点で仕事はコレしかないので、
    伊藤が声を掛け、鈴木がメモと取ります。

    鈴木はそもそも物怖じしないタイプのようで、
    初対面の人間の中にいても、
    まったく『4つの懸念』にあたるような不安を抱いていません。
    じっと様子を見るより、メモが必要と気が付いたから
    さっさと「じゃあ、私がメモします」と作業を始めてしまうのです。

    伊藤はそれなりに緊張していますから、
    自分が喫茶店のオーナーであることを明かします。
    「この仕事を任せても安心な人間である」こと
    「自己紹介して自分の正体を明かすことで、適性な位置に配置してもらおう」
    といった気持ちでしょうか。
    聞かれないのに、自分から喫茶店の名前も自分の名前も話します。

    その気持ちを汲んで、鈴木は「みなさ〜コチラは…」と、
    全員に向かって、伊藤(の店)を紹介します。


    まず、コーヒーの注文が取られます。
    「ホットの方は?」に真っ先に「ハイ」と言ったのは、
    4号筒井道隆です。

    10号堀内も続きます。
    彼女はまだ緊張していますから、取り残されないことに必死です。

    ここで初めて「事件」が起こります。
    5号石田ゆり子が紅茶ということで銘柄を指定するのです。
    「ラプサンスーチョンでお願いします!」
    ハッキリキッパリと言いました。
    果たして「ラプサンスーチョン」などという銘柄を知っている人が
    どれほどいるでしょうか。
    気弱そうな喫茶店のマスター3号伊藤でさえも、
    遠慮なく「うちにはないな」と言っています。

    これは石田のアピールです。
    「私はそこいらに大勢いる普通の女とは違うのです。
    紅茶一つとっても高尚な趣味を持ち合わせている人間なのです」
    といった思いで、敢えてあるはずもない銘柄を口にするのです。
    呆れて「裁判所の喫茶ですから…」という声もあります。
    その通りです。紅茶専門店でもないのに、
    あるハズがないことは、当の石田が最も分かっているのです。
    それを敢えていうのには、言葉にしない思いがあるということです。

    ところが、鈴木にアッサリと
    「あの焚き火みないな味の?」と言われてしまいます。
    鈴木は石田のように気取らないので、率直に言ったのですが、
    それが、石田のプライドの二重に刺激します。
    一つには、この中でラプサンスーチョンを
    自分以外に知っている人間がいるということ。
    さらに、それを「焚き火の味」と凡そ高尚ではないもののように言われた事です。
    石田は自分の手帳に何かを書き込みつつ、
    顔も上げずに、交渉を続けます。

    すると、隣の堀内敬子が石田の紅茶につられて、
    「私も紅茶で」「ストレートのミルクティーで」と
    ワケの分からないことを言い出します。
    ストレートのミルクティーという矛盾を追及されると、
    ストレートと言いつつ、本当に飲みたいのはミルクティーだと言い出す始末。
    堀内は、そもそも迷うタイプ「柔軟型」のようです。
    でも外向的なので、黙り込んでしまうわけではなく、
    不安で緊張しつつも声を出します。
    外向的だから話し、外向的だから沈黙を恐れて話すのです。

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 01:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM