スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    漫画家 佐藤史生さんの訃報

    • 2010.07.25 Sunday
    • 23:05
    評価:
    佐藤 史生
    小学館
    ---
    (1985-05)
    コメント:佐藤史生は天才! もっともっと評価されて然るべき作家です!

    評価:
    佐藤 史生
    小学館
    ¥ 590
    (1996-04)

    JUGEMテーマ:日記・一般

    拍手つけて良かったです^^
    コメントも頂きました。ありがとうございます。

    そして、佐藤史生さんのこと。。。
    佐藤史生さんを愛する人は寡黙な人が多い…
    私は勝手になんとなくそんなことを思っています。
    だから、萩尾望都、竹宮恵子と十分に並ぶ作家でありながら、
    一般的な知名度は低いような気がします。




    少し前に、偶然こんな記事を見つけてしまいました。

    佐藤史生先生の読者の方へ
    http://www2u.biglobe.ne.jp/~ysakata/timeout/spy1004/100406dosato.htm

    漫画家、坂田靖子さんのサイトです。

    サカタBOX
    http://www2u.biglobe.ne.jp/~ysakata/index.htm


    今年の4月に、佐藤さん亡くなられていたそうです。
    とても残念です。
    常に、新作に期待をしていました。
    どんな近未来を見せてくれるのか…期待していました。

    ファンは皆静かに、この悲しい知らせを受け止めたのだろうと思います。

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 23:05
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      佐藤史生さん、お亡くなりになってたんですか。

      まだ、そんな年ではないはずでしたよね。
      私は「夢見る惑星」…好きでした。
      プチフラワーも懐かし。
      もともと少女マンガマンガした眼の大きな子ばかりが出てくるマンガが好きではなく、どこか陰りがある方が好きでした。だからプチフラワーは大人志向で好みでした。

      ホント、もう少し高い評価があってもよかった漫画家さんでしたね。ご冥福をお祈りします。
      • へちまこ
      • 2010/07/25 11:25 PM
      ああ!へちまこさんも!!
      57歳だったようです。
      夢見る惑星を読んだ時の衝撃!ったらなかったです。
      そのお陰でしょうか「遺伝学上のイブ」というのを初めて聞いた時、まだ学会では半信半疑…なんて言っていたのに、私はものすごくすんなりと受け入れてしまいました。
      「谷」の場所が、遺伝学上のイブのいた場所なのではないか!なんて^^;

      いろいろ思い出しました!
      私は「ベルばら」「エース」でしたから、佐藤史生さんはむしろ苦手なハズ…なぜプチフラワーを読んだのだったかしら?…と。吉田秋生さんのデビュー2作目がプチフラワーだったから読むようになったのかもしれません。
      そうですね…「絵」から入るのをやめたらずっとマンガが面白くなりましたね。。。
      本当に残念です。
      • 虫一郎
      • 2010/07/26 2:08 PM
      http://flowers.shogakukan.co.jp/interview/interview_05.html

      佐藤史生さんのインタビューを見つけました。
      • 虫一郎
      • 2010/07/26 2:26 PM
      佐藤史生さんのインタビュー見てきましたよ。吉田秋生さんや萩尾望都さんのも見ました〜ありがとうございます。
      懐かしいですね〜。
      「夢見る惑星」もう一度この年で読んでみたいですね。
      近ごろ「Banana fish」、読み直したし。
      樹みのりさんの「オズ」も読み直したし。
      (book offで買っちゃった!)

      あの頃と今では、感じ方も違うし、あの頃はこの台詞が好きだったのに今はこっちに感情移入できるかな〜なんて、

      漫画、万歳。




      • へちまこ
      • 2010/07/27 12:09 AM
      私も萩尾さんと吉野朔実さんと…インタビュー読みました^^
      バナナフィッシュは手放してしまったのですよTT
      なんかブックオフに走ってしまいそうな気分です。
      漫画、万歳!!

      あ、次の記事でイースター島の犬に対抗してランギロア島の犬をアップしてみます♪
      • 虫一郎
      • 2010/07/27 9:50 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM