スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    アナタの犬は「傍若無人な殿様にひたすらついていく家来」??

    • 2011.02.02 Wednesday
    • 11:49
    評価:
    司馬 遼太郎
    新潮社
    ¥ 700
    (2005-03)
    コメント:やはり司馬遼太郎は面白いです! 幕末の複雑で巧妙な身分制度…蘭学を学んだ奥医師の視点だから見えて来る世界。江戸時代がやっと私の中で現代と繋がり始めています…面白いです。


    ネロ君にお返事を書こうと思ったら、とても長くなってしまいそうなので^^;

    >主従関係って、どうしたって、時代劇のイメージ強過ぎですもんねぇ。
    我侭な、傍若無人な殿様にひたすらついていく家来図。
    殿様本人は自分のこと気づかずで、ひたすらおごりたかぶる。

    そうそう…それで、誰かに対して「主」である限り、必ず自分も「従」なのよ〜orz
    今ね、やっと司馬遼太郎の『胡蝶の夢』の最終巻を読み直しているのですが…

    幕末…日本の身分制度についても詳しく書いてあって……

    差別問題を含むので、私の文章ではとても難しいとおもいますが、書いてみます。

    司馬遼太郎とか、藤沢周平を読むと、江戸時代の身分制度がもの凄く細かかったことに驚かされます。
    高校までの歴史で私が得た知識は「士農工商」の4つしか無かった。
    「でも、本当は「えた」「非人」という差別された人々もいたんだよ」
    というのを知っていれば上出来な感じだった。

    士農工商もえた非人も私に直接の関わりは無かったから。。。

    アムウェイをやっている友人がいます。
    正確には彼女がアムウェイを熱く語った日から、
    私がそれを受け入れなかった日から、
    我々は友人ではないのかもしれないですが。。。

    アムウェイも細かな身分制度がありますね。
    実力主義とも言うようですが、基本的に一度組まれた親子関係は変えられないらしい。
    つまり、トップに立っている人は絶対揺るがない仕組み。
    しかし、友人の説明によると、
    そういった人間関係にストレスを抱かないように、金銭がからみますし…
    人間心理をキチンと使ってシステムが作られているのだそうです。

    アムウェイの是非は置いておいて…

    人間心理をキチンと使ったシステム……

    江戸時代の日本の身分制度もそれでしょう。
    実に複雑で巧妙な身分制度。

    実質のトップは徳川将軍。
    でも、本当は天皇。
    ここで責任の所在がグズグズっとなるのがミソ。。。

    士農工商のそれぞれの中もコマカーーーク分けてあって……

    最下層には、えた・非人を置くという念の入れよう。
    しかも、これが、えた・非人でありながら大名並みの格式を許された大金持ちであったり……
    ということが4巻には書かれています。
    主人公の松本良順という奥医師も厳しい身分制度の中にあるのですが、
    医師であること、武家であること、これがとても彼の立場を複雑にも自由にもしている。

    う〜〜む、上手く書けません。

    読んで下さい^^;


    だから、私たちの中にある「主従関係」って、もの凄く根が深い問題なのかもしれない。
    私たち自身の中に「自覚」のようなものがなくて…
    すっかりそんなモノとは無縁で、自由に生きてきた気がするのだけれど、
    本当に無縁で自由に生きてきたのだろうか?

    アダルトチルドレンの問題も、
    母を見れば自分が被害者のような気がするけれど、
    ワガコを見た時、自分は加害者になってはいないのか?
    (あまり、そこで不安になって行動を決めかねると、かえってワガコを不安にさせますが^^;)

    その原因は、
    「民主主義も自分たちで欲したものではない」ということに行き着かないのか!?

    世にも奇妙な物語の
    『13番目の客』
    http://bard.jugem.jp/?eid=287

    結局、未だに日本人の多くは「店に戻してくれ〜」という気持ちなのではないのか!?

    私自身はどうなのか?

    「秩序」を重んじる……
    「礼儀」を重んじる……

    良い事だとは思うのですが…
    でも、これも身分がなければ、あまり関係ないことなのかな。。。

    う〜〜む、テーマが難しすぎる^^;

    JUGEMテーマ:わんこ
    JUGEMテーマ:ポメラニアン
    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 11:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM