スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    不安にならないために、原発事故を知る努力

    • 2011.03.27 Sunday
    • 12:40


    お医者さんにかかって、
    「もうオレは、まな板の上の鯉だ!好きにしてくれ〜!」
    という方はよいのですが、
    私は、やはり説明して欲しい方なので、
    原発事故について、自分で理解できる程度に調べてみました。

    日本人…特に東京で暮らす人は、
    原発について考えなくてはならないと思います。
    私は、原発に賛成でも反対でもありませんでした。
    「よく分からない」から、
    「大丈夫なら、これでいいんじゃないの?」という感じ。
    とくに深く考える事もない。

    でも、今、私たちの「便利」を支えてくれていたものの結果が、
    風にのって流れ、海にも流れ出している。。。

    今、諸外国の人々は自然災害と立ち向かう日本人に優しい。
    だからこそ、原発の後始末は、しっかりつけなくてはならない。

    「容認」していた東京人は、ほとんど「賛成」に等しかったのでしょう。
    だから、今、我々に変わって「専門家」が原発に対して一体どんな手当をしているのか、
    自分の身の安全の為だけではなく、
    世界に対しての責任として、
    電気を使ってきた我々がキチンと見届けないとイケナイと思いました。

    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?
    file_id=20110317001&expand#title

    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?
    file_id=20110317003&expand#title




    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし
    らくがき庵さんに教えていただいた、コチラのサイト。

    http://www.cnic.jp/ 

    特に配信動画
    http://www.ustream.tv/channel/cnic-news
    が分かり易いです。

    テレビでの説明、ネットでのニュース…正直言って
    「よく分かりませんでした」

    しかし、こちらの動画を見ると、
    数日後にテレビのニュースで懸念されていたことが話されます。
    でも、大事なことは巧みにぼやかしてある感じです。
    先に動画を見ていなかったら、聞き逃していたな…と思う事が多々あります。



    ニュースだけを見ていると、
    「なんだか、大変な事態が起こっているようだが、
    概ね、東電は頑張っていて、とりあえず良い方向に向かっているらしい」
    と感じる…という感じ。。。

    これは、医者にかかる時とか、
    パソコンを買いに行く時とか、
    生命保険に入る時とよく似ている。

    「キチンと説明」されて「納得しましたか?」
    と聞かれれば、もう更に聞く事もなく、
    「納得」と応えなければならないのに、
    どこか、何か変。
    腑に落ちないというか…

    そういう状態に似ている。

    コチラが無知だから、
    何が分からないかも分からないくて、
    さら〜っと流されて説明されているところに、
    実は重要な問題があるのに、
    そこがしっかり理解できていないから、
    流されてしまう、しかし、意味不明。
    でも、分からないことが分からないから、
    質問のしようもない。
    …という状態。。。


    「がん告知」に耐えられない人もあるかもしれない。
    でも、自分が今どうなっているのか、
    人は正しく知る権利があるのではないのか?
    告知に耐えられる人は、現在の事故の状況を知った方が良いのではないか…
    そんな風に思いました。




    =====================

    さて、原発について、私が今思うのは…
    あくまでも私の思った事です。




    「危機的状況」という言葉がニュースで使われているのに、
    その「感じ」は、普通の人には全く伝わっていない。
    とういうか、パニックにならないように「伝えていない」。

    何が危機的状況なのか、言っていないからだ。
    私は、格納容器というモノが、
    通常は機能していない、ということを知らなかった。
    ニュースの始めから、
    「原子炉は格納容器の中に入っていますから、安全です」
    というような表現がされていて、それで安全なのだ、と思っていた。

    しかし、そもそも「格納容器」が使われるような状態は、異常事態なのだ。
    格納容器は原発が稼動する間、無用の長物でなければならない。
    それが使われる段階にあるということ。

    福島第一原発がとても古い、ということ。
    今回、冷却のための電源を全て失い、お手上げになってしまったこと。
    これが、最近の機械なら、なんとかなったかもしれないこと。
    東電は最新の設備に変えなかった。。。
    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110324001


    制御棒が入って「停止」しているのにも関わらず、
    ホウ酸(ホウ素)を使用していること。
    これは、停止していない恐れがある、ということ。

    なぜ、使用済み燃料プールで熱が上がったのか?
    地震の揺れなどで、立てかけられていた燃料棒が倒れたりして(推測)、
    互いの距離が近づく事で反応しているのではないか。


    「原子炉内に注入した海水(水)を漏らしてはならない」ということ。
    原子炉内の水だけは、濃度が違いますから。
    通常は、循環させて使うのですね。
    車のラジエーターと同じなんじゃないのかしら?
    水冷式ラジエーター。

    …あ、違いますね。
    車やバイクのエンジンの水冷式のラジエーターは、
    エンジンの外から水で冷やすのだから、
    原子炉の冷却装置は、オイル式のラジエーター(オイルクーラー)のような感じかな。
    バイクのオイルクーラーは、
    エンジンの中のオイルを直接冷やす方法。
    エンジン(炉心)の中の液体ということで、同じような感じでしょうか。。。

    だから、水冷式エンジンの冷却水が蒸発することと、
    オイルクーラーのオイルが蒸発することでは、
    エンジン内部の状況は随分違う、ということですね。
    最初に起こった「空焚き」って、このことか。。。


    炉内が停止していたとしても、
    熱が下がるのには「年単位」の時間がかかるらしい。
    熱が下がらないと、例えばチェルノブイリのような
    「石棺」に閉じ込めることも出来ないらしい。


    放射性物質の人体への影響は、今のところ、少ないと私も思います。
    漏れたのは「微量」であるから。。。




    うううう〜〜〜〜むむむ。

    http://www.rea.or.jp/wakaruhon/mokuji.html
    こういうのをさら〜っと読んでみたのですが、
    そんなに問題ないなら、なぜ人々は「放射能汚染」にそんなに怯えるの?
    というところで混乱しています。

    浴びるより、浴びない方がいいハズだけれど。。。
    ここが人々が不安になってしまう原因なんじゃないのかな?
    開けてはならないパンドラの箱なのか!?

    具体的には小児甲状腺がんと白血病…などが心配されるワケですが。
    もちろん、それも重大なんだけど、何かが腑に落ちない。。。



    この先を見ているから、
    アメリカは80キロ圏とするのだろうし、
    日本にいる外国人に大使館から退去しなさい…なんて言うワケですよね。

    そして、福島第一原発は、未だに危機的状況を脱してはいない。
    作業は前進しているけれど、同じだけ困難もある。

    さらに、計画停電にしても、
    これだけ日本の全ての機能に影響してしまう「電力」を担っている企業なのに、
    政府との連携が、どうもイマヒトツらしい。
    一企業の努力だけではどうにもならない問題なのに。。。

    また、原子力をこんなに使っているのに、
    今の日本には、食品に対する安全基準が無いのですね。

    だから原子力安全委員会が定めた暫定規制値というのに準じているそうです。
    http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/52-9081.html
    鎌田実さんのブログ。

    食品に関しては、一つ一つ計ったら、
    問題のないものもあるだろうにね。
    ほうれん草とか、●●県産、では括れないだろうに。。。


    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 12:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      「何を言わなかったのか」

      テレビでの原発事故の解説では、言わないことがありますね。
      一生懸命聞いても、私にはさっぱり何を言っているのか分からず、
      ただ、分かる事と言えば「大変なことが起こったけど、なんとか大丈夫だよ」ということ。
      原発のことだから難しくて分からないのだと思っていました。

      でも、そういうことじゃないんですね。
      きちんと説明してもらえば、私でも十分に分かる。

      日本外国特派員協会のCNIC記者会見です。
      海外では、日本の事故から学ぼうとしている、と感じました。
      http://www.ustream.tv/recorded/13556497


      SPEEDI
      原子力安全委員会は、放射性物質がどのように拡散するのか、SPEEDIによって予測しているそうです。
      http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf
      http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/74-3b9e.html

      放射性物質は、風に乗って飛ぶものだから、20キロだから30キロだから危険…というたぐいのものではない。
      この括り方によって不要な風評被害を受けることもあるだろうし、
      逆に、ホットスポットが分かっているのに、知らせられないということも起こりかねない。

      内閣府からのプレス発表は、
      http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf
      あるのに、
      文部科学省のサイトでは「調整中」。。。
      http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php
      • 虫一郎の追加
      • 2011/03/28 11:57 AM
      http://d.hatena.ne.jp/oxon/20110324/1300954573

      SPEEDIについて、コチラも。
      • 虫一郎の追加
      • 2011/03/28 1:27 PM
      (むしろ3/20の記事に近い内容で恐縮ですが)今回の地震は色々考えさせられますね。私が特に考えさせられたのは、イスラエルや東ティモールの様な、内乱やテロその他で日本よりずっと大変な状況を抱える国が、積極的に日本の救援活動に協力をしている事です。マザー・テレサがインドで活動を始めた時の話を思い出しました。飢え死に寸前の一家にマザー・テレサが米を一袋あげたら、その家の奧さんが、その中から半分の米を取って家を飛び出すので、マザーが驚いて訳を聞くと「お隣のおうちも、ずっとご飯を食べていないんです!」と答えたので、マザーは衝撃を受けたそうです。食材を買い占めた上に余って捨てる人々はどう思うでしょうか。今回の原発事故に関しても、国内外で色々な影響や意見が出そうですね。注意して見守りたいです。
      • 仮面ライダー・ゾプラーン
      • 2011/03/29 1:11 AM
      ありがとうございます!
      私…メールいただいてお返事していないような…^^;すみません!
      地震直後、いつも以上にメール等控えたのですよ。そして…そのまま…ああああ〜すみません!

      この記事も読んでいただけて嬉しいです。
      正直言って、こういうことを書くのも不安を煽ることになるのか?という思いが無いワケではないのです。しかし、現在の原発事故の報道、解説は、あまりにも分かり難い。説明しているようで、実はしていないのと同然。それがかえって不安の元になっている気がしました。
      だって、危機的状況だけど人体に影響はなし…って、意味不明ですよ^^;

      そういう漠然とした不安がある限り、買い占めは止まらないですよね。
      ああ…ものが豊かだからこそ、少々自分が買い占めても、それによって飢える人はいない…という感覚でしょうか。
      むしろ、被災地の方が分け合っていますよね。。。

      世界中が心配してくれている…
      神様は乗り越えられない試練は与えない…ということだそうですが…
      日本って試されているのかな。。。
      • 虫一郎
      • 2011/03/29 3:13 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM