スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    マインドコントロールって、

    • 2006.03.31 Friday
    • 00:22
    マインドコントロールの原動力って「愛」なんじゃないだろうか。
    「愛」が信じたい気持ちにさせるのじゃないだろうか。

    自発的に信じてしまうから、解けない。

    「どこか、違う」「なんか変」と思っても、
    愛情が先に行ってしまって、信じてしまうのではないだろうか…。

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 00:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ***「愛」が信じたい気持ちにさせるのじゃないだろうか。***
      私も同感です。

      その昔、お付き合いしていた方が私にとっての教祖様でした。宗教のように信じておりました。(苦笑)

      だから、このマインドコントロールのお考え。みょうに、納得してしまいました。

      • 風間俊介
      • 2006/04/02 3:49 AM
      「する側」と「される側」とが、あると思いますが。
      • しおやま・さのり
      • 2006/04/02 7:55 AM

      しおやま・さのり様
      「する側」と「される側」ですか?
      後年は違ってきましたが、振り返ると「される側」にあったのではないかと私は思います。(こんなことを語っているのがわかったら、叱られそうですが)

      マインドコントロールとは、相手を意のままに動かす。という意味で私は、解釈しています。
      当時、私は相手の方の考え方をもとに生きておりました。それも、相手の方はご承知の上での出来事です。そうすることにより、私は、現状の苦しみから逃れることができたのです。




      • 風間俊介
      • 2006/04/02 2:22 PM
      「愛」…ではないですね。

      私も風間さんの言う通りのイメージです。
      でも、それって「愛」ではない、ですね。

      先生の言葉を借りるならば、「憧れによる一体化」でしょうか。
      「される側」の「想い」でしょうが、それを「愛」と呼んではいけない気がします。

      「する側」は、「支配」または「支持」を得たいのではないでしょうか。つまり、「不安」なのではないでしょうか。
      「不安」だから寸分違わぬ同意を求める。
      より多くの「支持」を得たくなる。

      どうかな…。


      ブログの効用について感心しています。
      私の頭の中で考えていただけでは、こういう発展はなかったでしょう。何ヶ月も何年も、何か偶然の発見が無い限り「愛だ!」という思考で止まっていたように思います。

      • 虫一郎
      • 2006/04/02 6:13 PM

      ***「不安」だから寸分違わぬ同意を求める。より多くの「支持」を得たくなる。***
      う〜ん。(+o+)
      そのような気もするし、しないような気もするし。(笑)

      笑ってしまうかもしれませんが、もう関係性が全くないというのに、まだ、その教祖様の影響を受けている私です。ちょっと、冷静に判断できそうにありません。``r(^^;)ポリポリ
      「執着心」なのでしょうかねえ・・・。

      ただ、新たな考えにふれることができてよかったです。
      インターネットって、すばらしい使い方があるんだなと感心しています。




      • 風間俊介
      • 2006/04/03 1:03 AM
      >まだ、その教祖様の影響を受けている
      ↑それはあると思います。そこがマインドコントロールの恐ろしいところというか…。
      多分、自分の意志で自分(の考え方や価値観)を変えてしまうから、本当に自分の意志で変えたものとの違いが無くなってしまうのではないでしょうか。痕跡が残らないというか…。だから、マインドコントロール自体には気付いても、大きな核は取り出せても、全身に散らばった細胞には、なかなか気付かない。何かの拍子にフト違和感を感じると、実はそこに自分の意志は無かった…とか。

      私にはマインドコントロールされたい気持ちがあるのだと思います。だから、されるのです。
      そして、同時にマインドコントロールしたい気持ちもあると思います。同意を得た時、共感を得た時に感じる「気持ち」「感情」…そういったものが、甘い誘惑です。

      • 虫一郎
      • 2006/04/04 3:16 PM

      そうだなあ。私は、そうだったよなあ・・・。と思っております。
      とても、うまく虫一郎さんは、言語化されるなあ。とますます、感心しています。(^^ゞ

      ***同意を得た時、共感を得た時に感じる「気持ち」「感情」…そういったものが、甘い誘惑です。***
      誘惑。そうですね。(笑)

      私は、「されていた側」に位置していたと思っていましたが、
      「していた側」にもあったのではないかと、考えていて発見しました。_(^^;)ゞイヤー

      仕事に関してなのですが、その当時、就職して間もないのにもかかわらず、確固したモノが私には存在していました。その教えは、私の教祖様が就職した後、実行されているようです。

      教祖様を、たいへん生きにくくしてしまったのではなかろうかと、気が付きました。

      • 風間俊介
      • 2006/04/04 10:54 PM
      風間さんのはお互いに影響し合ったのですね。
      それなら恋愛の範疇なのかなぁ。
      でも、恋愛って一体感を求めるし…う〜ん。
      分からなくなってきました^^;

      私も自分がコントロールされる、ということでしか考えていませんでした。
      先生の「する側・される側」で始めて考えました。

      頭の中に置きながら考えつづけてみます。

      • 虫一郎
      • 2006/04/06 12:41 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM