スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ゲット!!ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック

    • 2011.08.27 Saturday
    • 14:09
    評価:
    ヴィベケ・S. リーセ
    誠文堂新光社
    ¥ 2,940
    (2011-08-19)
    コメント:タイトルがイマイチ…評判を聞かなかったら、このタイトルでは買わなかったな。でも、買ってバッチリ!待っていたのはこういう犬語の本でした!

    評価:
    TURID RUGAAS
    エー・ディー・サマーズ
    ¥ 1,470
    (2009-08-31)
    コメント:これを見るだけで、目から鱗!な人は一杯いると思う。 とくに自称・犬好きは必見!

    買っちゃった^^;

    一度は理性を持って飛びつかず…皆さんの評判を聞いて…と思い。。。。

    そうしたらね、もおおお〜
    ジェローデルママが真っ先にゲットしてました!
    紀伊国屋さんでお買いになったそうです。

    お値段を知ったご主人が「ちゃんと読むように」とおっしゃったとか……3千円だもんねえ〜。

    そして最初の感想が「持って帰るのが重かった」
    むむむ、分厚い本なのだ!

    テゥーリッド・ルーガスさんの『カーミングシグナル』

    のお値段とページ数を鑑みると、大変にお得なのではないか!?

    そして、実際に手に取られて…
    字も小さくて、写真も一杯。
    簡単に読み終わるものではないし、図鑑のようです、とのこと。

    むむむむむ……

    その夜、私は思わずポチっとしてました^^;

    そして、さっきゲット!です

    おおおおお〜これだあ〜〜

    アンジェラ先生の犬語セミナーのようです。
    そう!アンジェラ先生もおっしゃっていました。
    ボディランゲージをブロックサインのように、単語のように、
    切り取って解釈しないでって。
    ちゃんと犬の全身を見て…って。

    前書きにヴィベケ・リーセさんも、人間が使う「love」という単語も、
    恋人に使う時も、オマケしてくれたお店のオジサンに使う時もあるでしょ…
    って説明している。

    そうなんですよ!
    人間が複雑な心情をいろいろな表現で表すように、
    犬もそんなに無機的な単純な機械的な翻訳機で翻訳出来るような、
    そんな薄っぺらなコミュニケーションをしているんじゃないんですよね。
    犬語が豊かである……というのは、その心が豊かであることが現れている。
    いや、逆も言える。
    心が豊かであることを理解できれば、犬語が複雑なのは当然と理解出来る筈です。

    犬を劣った生物を捉えなければ、単純な強制訓練なんて出来ません。
    それが人間の持つ知性です。
    でも、犬に強制訓練を出来てしまう人は、
    犬の豊かな心に気づかない、気づけない、からなんだと思います。
    「犬の心は人間よりずっと単純である」という「自己概念」を崩すことが出来ない、
    崩さない、崩したくないから、強制訓練をし続けるのかもしれない。。。

    そしてね、早速「レオ様」を見つけました。

    12Pの左下「威厳を示す目」

    レオってば、しますよ、こういう目!
    見上げるようなコに向かってもしてる^^;

    いつか、まっちゃんママさんが「レオ君は堂々としているからでは?」っておっしゃっていたのは、こういう目をすることなのかな?

    そして、これが通じない「若造」に出会うと、
    ワワワワワン!って回っちゃうのかな?
    そして、次に会った時、彼はレオの「天敵」orz

    相手が年長さんだと、お互いにすぐ近くを通り過ぎるだけだったりしますね。
    レオも「失礼しました〜」と会釈で通り過ぎる感じです。


    ヴィベケさんは、ドッグアクチュアリーで知ってからファンです^^

    http://site-search.nifty.com/generalsearch/search?type=107&tmpl=107_SITE&cflg=検索&q=ヴィベケ&submit2=検索

    チャーリーママさんの理論を理解する為にも、私には必要な方です。

    ドッグアクチュアリーの面白い記事
    http://dogactually.nifty.com/blog/2011/05/post-87.html
    http://dogactually.nifty.com/blog/2011/06/2-1.html?page=1

    未読の方、是非読んでみて下さい^^
    犬の不可解な行動に出くわした時に、ふいに
    「犬が私より上になってないかしら?」
    「犬に、私は下だと思われているから上手くいかないのかしら?」
    なんていう想いが過る方は、是非、上の『アルファ伝説』を読んで下さい。

    そして「犬語」の本を読んで下さい。

    どちらが、ワガコの心情にピタっとハマるか……

    私はレオを私に対して我が儘だなあ〜と思ったことはありますが、
    私に向かって威張ってるなあ〜と思ったことはありません。
    犬がワガママなのは当然です。
    生きる為の欲求を誰憚らず主張することは当たり前のことです。

    ただ、人間社会はもう少し複雑なので、人間同士のワガママは御法度ですが。。。

    あ、ただし…ドッグアクチュアリーだから、全ての記事を素晴らしい!とは私は思いません。
    以前から書いていますが、
    史嶋桂さんは、アルファ理論に基づいて、
    チェーンショックを使ったトレーニングをする方です。
    ドッグアクチュアリーの多くの記事の秀逸さに惹かれて、
    同じサイトの中にあるからと、史嶋桂さんのトレーニング方法を実践することは、
    なんの為に『アルファ伝説』という記事を読んだのか^^;
    とんだ、本末転倒です。

    アルファ伝説の記事と、
    史嶋桂さんのトレーニングは全く繋がらないものだと、私は思います。

    おお、脱線しました。
    ヴィベケさんをドッグアクチュアリーで紹介しているライターの藤田さんが、
    この『深読み・先読み』でも翻訳をされているのですね。

    これは、マジおすすめの本ですね!


    JUGEMテーマ:わんこ

    スポンサーサイト

    • 2017.03.27 Monday
    • 14:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      虫一郎さん おはようございまーす!

      仰るとおり、このタイトルいまひとつです〜(笑)
      そして表紙もなんだかぼーっとインパクトないし。
      チャーリーママさんのご推薦じゃなければ、目に留めなかったでしょう。
      お値段もちょっといいし。

      しかし、この本は飼い主必読の書ではないでしょうか。
      まず薄いけど(笑)ルーガス女史の本が教科書で
      この本は副読本として一緒にお勉強する(^ー^*)
      中身も充実してて素晴らしい!と興奮してるハナオンマですよ。
      「もとをとる」が座右の銘ですが(笑)これはお釣りがきますね!

      さてドッグアクチュアリーに記事に出ていた史嶋さん。
      あーそうなんですよ。ずっと心にひっかかるライターだったのです・・・・
      愛読者、ファンの方多そうですよね。
      毎日グラさんやチャーリーママさんの犬論を読んでると、アルファ論を受け付けなくなってる自分がいます。
      ドッグアクチュアリーは中立の立場をとっているんでしょうね〜うーむ・・・・
      そうなんです!
      この表紙はなんとなく見覚えがあったのですが…タイトルも興味を惹かれることはなく…チャーリーママさんのご推薦で……え!?そういう本なの?って感じでした^^;

      ただし、よく人間の「心理学もどき」でも、「ウソをつく時は右を見る」(左だったかな?^^;)とかあるじゃないですか。
      そういう風に型にハメたい人が読むと…^^;ですね。
      血液型で型ハメをしたがる人と同じ傾向だと思います。
      相手(犬)を自分の理解出来る範囲の中で解釈しようとするって感じでしょうか。

      ヴィベケさんも、アンジェラ先生も、ルーガスさんも、そんな風に犬語を解釈しないでね、とおっしゃっているのが共通ですね。
      人間よりも素早く細かい、しかも、人間以上に複雑な心理を表現している犬語を読む方々…やっぱり凄いな〜って思います。


      ドッグアクチュアリーは……

      私には「大人の事情」としか見えません。
      ライターさん同士が言葉を濁して書いている。
      それでいて、最近はちょっとづつ、首輪のこととか、アルファ論はナンセンスであるとか…という記事も書かれるようになりましたが…
      首輪の記事
      http://dogactually.nifty.com/blog/2010/11/post-6.html
      とか読んだら…トレーニング方法はグラさんの提唱する『ハーネスドッグ普及協会』に辿り着くのが自然だと思うのですが。。。
      http://harnessdog.cocolog-nifty.com/blog/


      ドッグアクチュアリーのコンセプトに照らした場合、
      http://dogactually.nifty.com/blog/2008/06/dog-actually-ae7f.html

      アルファ論と、アルファ論をナンセンスとする、全く相反する立場の意見を載せることが「中立」とは思えません。それでは、単になんでもいいから犬に関わる記事なら載せちゃえ!ってことになってしまうワケで……
      ドッグアクチュアリーは、キチンと厳選された情報が載っている「ハズ」だと思うんです。期待というか……

      入口が「非アルファ論」で、色々読んで…では愛犬にどんなトレーニングしようか、と思うと…強制訓練で脚側にツケ!……って。。。

      そういうワケでお友だちにオススメする時は、良い記事の方が多いけど、気をつけて読んでね、という私の気持ちは伝えてしまいます。

      http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51286776.html
      昨日のグラさんの記事
      本当に、なぜ怖がっている攻撃を、支配性…なんて捉えるのか……
      • 虫一郎
      • 2011/08/28 1:29 PM
      あ……

      http://ameblo.jp/wanpo365/

      今ごろ気づいた!リンクがあった!!!

      くまごろーさんのキャラも確認いたしました。。。^^
      • 虫一郎
      • 2011/08/28 3:16 PM
      クマです。

      今後ともどうぞよろしく。
      すいません!こっちにも^^;

      今、ブルドッグ君のボディランゲージをいかに読むか…研究中ですorz
      柴さん以上に寡黙で誤解されやすい気がします。
      私には「不機嫌な小錦」にしか見えないんだけど、小錦も話しだすと楽しい人だしなあ〜
      なんて、研究中です^^
      • 虫一郎
      • 2011/08/29 9:27 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      twitter

      ペットショップに行く前に

      ブログラム

      グリムス

      FC2カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
      私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
      夏目 真利子
      犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

       (JUGEMレビュー »)

      著者の体験を通して、
      社会心理学の授業を分かり易く著す。

      recommend

      NANA的恋愛成長マニュアル
      NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
      真田 尚美, TEAM大魔王
      登場人物を通して性格分析を
      分かり易く説明。

      recommend

      赤毛のアン
      赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
      村岡 花子,モンゴメリ
      最もポピュラーと思われる
      村岡花子さんによる翻訳本。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM