スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    稲毛@お散歩トレーニング4月 その1

    • 2014.04.07 Monday
    • 11:20
    稲毛のお散歩トレーニングに行ってきました。

    散トレから帰ると、多分毎回思うのですが、
    「私の予想や思惑なんて、全くちっぽけで全然当たらないなあ〜」です。

    それで、漸く気付いたのが……

    だから事前に「今回はこうしてみよう」なんて「予定」を立てて、
    レオに押し付けるのが一番失敗の元orz
    それはそれで「課題」としてアタマの中に並べておいて、
    もちろん「課題」に対して「対応策」の引き出しもさらっておいて…
    そうして、当日のレオの様子を「ちゃんと見て」。
    その課題(レオの課題ではなく、私の課題です)への対応策を瞬時に引っ張り出せる、
    アタマを切り替えられる…ように、というのが、私の散トレかな…
    なんて思ったり。

    ちょっと試合に似てる。

    「勝つイメージ」「成功するイメージ」を持って臨む事は大切なんだけど、
    それが「こうなるハズ」という予定にしてしまうと、そうならなかった時にパニクる。
    で、大体、相手のある事は、相手が自分の思惑通りに動いてくれない限り、そうはならないので…
    自分の思惑通りにならなかった時に、どう対応するか…が問われるワケで。。。


    でも、レオが相手だと、どうも私の中では「私の思惑通りにどうにでもなる」というか「させる」というか「させなくちゃいけない」とすら思っているような…そんな気持ちがあった気がします。

    これ、これなんだね、私の中に潜んでいた「支配性」。


    試合だと、勝利して初めて相手の上に立つワケで、
    うっかり侮ると痛い目に合う。
    まして試合の場で初めて向かい合う相手なのだから、
    大切なのは、まず相手をしっかり知ること…
    な〜んて、私は思っていたワケです。
    帯の色を見て華奢な体格を見て「自分より下だから大丈夫」なんて思っちゃ絶対いけないワケです。

    でも、相手がレオだとどうだ?
    知らない犬なら「敬意をはらって」侮る事無く、犬の様子を見るのに…
    レオだと「レオの事なら私が誰よりも分かっている」というスタンスで、レオを侮っていないか?

    私が「レオは○○な犬です」というように、
    誰かが「ウチのコは○○なんです」というと、
    密かに心の中で「そういう部分もあるかもしれないけれど、●●な部分もあるなあ。飼主さんって見たく無いところは見えないんだよなあ〜」なんて思う。
    まさに、私自身もその状態。

    飼主の欲目だったり、決めつけだったり、知りたく無いという拒否反応だったり…。
    自分のコが、自分が受け入れられないようなタイプだったら困る…というブレーキが、自分の目を色眼鏡にしてしまうのかもしれませんね。

    でも…大抵は「私が真の犬好き」であるならば、
    どんなタイプであっても、自分の価値観を変えてでも、
    ワガコは受け入れる事が出来るのだ、と思います。
    ワガコの為なら、自分のこれまでの価値観を捨てる事なんて実はとても簡単。
    ちょっとの勇気が必要かもしれないけれど、
    自分でも気付かない位の「価値観」なんて、
    これさえ捨てれば、という事に気付ければ、とても簡単な事。

    問題はどうやって気付くか…ですね。



    荒療治は「フィードバック」。
    これはキツい。
    言葉で指摘する事。
    普通はしない方がいい。

    「フィードバックをする」のはとっても簡単。
    「歯に青のりがくっついてますよ」と同じ事だから。
    外側から見たら誰にでも見える事。
    青のり食べた本人も気付いても良さそうなモノだけど、
    「私に限って青のりは着くまい」って思ってる。
    だから「青のりくっついてますよ」と安易に言うと、
    言われた方は変に恥をかかされたような気分になるのか、
    怒りがこみ上げていたりして、
    「アンタこそくっついてるよ!」
    「オレも気付いていたけど言わなかっただけだ!」
    ……みたいな、不毛な争いを生んでしまったりする。
    中には確かに「笑い者」にする為に「青のりくっついてる〜うける〜」みたいな事を言う人もあるワケで。。。

    だから、面倒を避ける人は「青のりくっついてますよ」となかなか言わない。
    まあ、目の前の人の歯に青のりがくっついていても「私」には、
    少々気になる程度で、本質的な不利益は無いワケで、
    どうしても気になるら、その人を見ないで済むところへ移動すれば良いワケで…。
    でも、友人ならこっそり伝えてあげたいな…他の誰にも聞こえないように…
    みたいなのが「日常」なのかな。。。


    最も自分の心と体に優しいのは「自分で気付く事」。
    所謂「気付き」の体験ですよね。
    青のりで言えば常に「(心の)鏡」を見る事でしょうか。
    「ラボラトリー方式のグループワーク」ってこれなんですね。

    チャーリーママさんもやってる「そうそうゲーム」がまさにそう。
    体験して、その時、自分に起った事を振返り、言語化して「気付く」。。。
    だから同じグループワークをしても、
    気付く事は人それぞれだし、何も気付きを得ない人もいる。
    気付きたくない人は気付かない。


    散トレって「そうそうゲーム」だけではなくて、
    散トレ全体が「気付きの場」なんですよね。
    「散トレ」という「場」と「参加者」を設定する事で、
    安全を保証した「ラボラトリー(実験室)方式」になる。


    「道場」にあまり来られない人の口癖は「家で練習してから来ます」だった。
    道場で日常での練習成果を披露しようとする。
    でも本当は道場こそが練習の場で、日常というのはどんな事が起るかわからない「路上の現実」なのです。
    分かりにくいかな?

    日常的に、家で筋トレをやったり、歩く時に姿勢を気にしたり…というような事は当然するのです。
    その上で、道場で失敗覚悟のトライをする、これが練習。
    道場で失敗=殴られる蹴られる…があっても、試合のように「負け」が判定されるワケではないから、これは使える、これは使えないという実験をしたり、実戦を想定した技の練習をする。
    そして、試合で実践してみるのだけど…
    試合ですら実戦ではない。
    本当の実戦は日常のあらゆる場面…つまり「路上の現実」。
    これが格闘技なんでしょうね。

    だから日々のお散歩こそが「路上の現実」であり、
    散トレは「道場」なのだ…と思います。

    その意識はあったハズなのだけれど、
    参加回数が少ないせいか「日頃の成果を先生に見てもらいたい」という「私の思惑」が常にレオの足を引っ張ってました^^;

    だから、その部分を補う=「私が気付く」ために「時間」が必要だったのでしょうかね。。。

    散トレに行って、私が後生大事に持っていた「価値観」みたいなもの……もっていたことすら本人は気付いていないのですが……そういうモノをポーン!ぽーん!と捨ててしまったら……どうした事でしょうか、レオが「普通」にしていたのでした^^;








    web拍手 by FC2



    にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

    JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし
    JUGEMテーマ:ポメラニアン
    JUGEMテーマ:わんこ

    レオ様はモテる???

    • 2014.03.14 Friday
    • 21:24
    稲毛での成果の一つ。
    レオはなぜ吠えるのか。

    レオの吠えや、怠らない警戒は、オスとしてのレオの仕事なのだな〜と分かりました。

    …なんというか、知ってはいたのです。
    知識として当然だろうって思うし、
    多分、うちのコでなければ「男の子だもの、この位…」と思えたと思うのです。
    自分の事は見えないものですね。。。


    「吠え」の見方として、
    「対象が去ったら吠え止む」…これは大きかった!
    なるほど、以前は吠え止まなかったレオですが、
    今は吠え止みます。
    「ちょっとずつ良くはなっているんだけど…」と私が感じていた部分は多分こういうところですね。

    ただ、黙っていろ…はレオには難しいのかも。
    一言言いたいのでしょう。
    …と波平さんみたいなものかな…と思っていました。




    散トレの翌日、GFのドラミちゃんに会った時の事です。
    ドラミちゃんはレオを気に入ってくれているらしいんです。
    「他のオスだと嗅がせないのに、なぜレオ君には嗅がせるのかな?」
    とママはよく言います。
    時にはしつこいオスには「ガウ!」という事もあるそうなんです。
    でもレオには私が止めない限り嗅がせてくれそうな位です。
    仔犬の頃から知ってるからかな〜なんて思っていたのですが…。


    ヨニンで歩いていると、
    子供達がバタバタっと走って来ました。
    レオが吠えました。彼らが飛び降りた段の所までいって高らかに吠えて、
    意気揚々と戻って来ました^^;
    まさに「俺様が追っ払ってやりました!」のドヤ顔。
    すると「いつもなら吠えるのに、レオ君といるとドラミちゃんが吠えないから助かる〜」
    とドラミちゃんママ。
    それを聞いて私「!」っと思いました。

    「そもそも同じモノを持っているから、吠える」

    そもそもドラミちゃんもレオと同じモノが気になるタイプ。
    一人の時は、自力で追っ払わなければならない。
    でも、レオがいるとレオが追っ払ってくれる。。。

    これって、女子からしたら得点高くないですか!?

    私テキには、レオだけがいつも吠えていて、
    ドラミちゃんや、やはりレオを好いていてくれるシャルロットちゃんは吠えなかったりする。
    レオもベルナール君が吠える時はサボる事もあるんだけど…

    彼らは皆同じモノが気になるのか。
    だからこそ、気も合う、価値観が合うというのでしょうか?
    だから友だちなのかな。
    もちろん、一緒にいる事に慣れているとか、そういう他の要因もあると思うのですが、
    犬同士の価値観の一致、という事もあるのか…!って思いました。

    特に、雌雄の場合は、それは相手への信頼に繋がるのだろうなあ。。。

    そういえば、凄く落ち着いていて、レオとも仲良く過ごす雑種系の女子達がいます。
    彼女らは、吠えません。
    嫌な事は吠えて追い払うのではなく、無言でスルーするタイプ。
    イヤな人や犬の近くにはそもそも近づきません。
    そんな彼女らとは穏やかに一緒の時間を過ごしていても、
    どうも、お互いに「恋愛関係」には発展しそうに無い。
    一応臭いは嗅ぐけれど、それは「元気?」ぐらいな感じがします。

    というのも、彼女らが「好き好き〜」と身をくねらせるのは、
    レオのようには吠えない、甲斐犬ミックスの高倉健タイプのワンコさんだったりします。



    こういう事なんじゃないかな〜。


    そうすると、レオに吠えるな…と頭ごなしに言っても無理だ。
    レオの吠えには意味がある…とは思っていましたが、
    私には本当のところ、その意味は分かっていなかった。
    レオにとってどれほど重要で譲れない事なのかも分かっていなかった。

    なるほどなあ。。。



    もちろん、吠えっぱなしにはさせないし、
    不要な場面ではヤメてもらえるようにします。

    その為にも、レオがなぜ吠えているのか分かって良かった。
    …ってか、分からないと止められない事に気付きました。
    口先だけで「スゴイね」「ありがとう」と言っても多分通じない。
    レオがオスとしてどれほどのプライドを掛けて吠えたのか、
    そのお陰でGFが安心する事が出来たよ…と私が理解して初めて、
    心から「エラいね」と言えるわけで、
    そういう心が籠っていなかったらレオは納得しないと思いました。





    web拍手 by FC2


    JUGEMテーマ:わんこ

    吠える犬の前に立つのか、リードを緩めるのか…

    • 2014.02.06 Thursday
    • 12:43

    このDVDに出てくる、介入の仕方をお友達の阿修羅くんママに伝えてみた。

    今までは阿修羅くんに向き合うようにしてインターセプトしていた。
    多分、それを教えたのはアタシだ^^;
    ゴメン、向きが違ってたんだ。

    阿修羅くんの前に、ママの背中を見せて立つ。

    するとどうだ!
    今までだったらママの足の間をかき分けて吠えまくっていたのに、
    ママの背中でスッと大人しくなってしまった。

    ママに守って欲しかったんだね。


    あまりにも見事に決まったので、私の中で大きなイメージが残った。


    夜の散歩でレオの前に立とうと一生懸命な私。

    しかし、背中でもレオは私をかき分けて前へ出て吠える。
    むしろ、私が止めて前へ出ようとすると、そこがスイッチだ。


    あ……そうだった。
    レオ様にはリードを緩めるのだった……
    とボンヤリ気付いて、人とすれ違う時に緩めて「イイコ〜」

    ああ、これだ、これ。
    一瞬「#」が浮かぶが、私がリードを張らせなければ、
    気が変わったようにカクッと進路を変える。
    これだ。


    レオと阿修羅くんは「吠える理由」が違うんだろう。
    阿修羅くんは、ママが守れば自分は納得して守ってもらう。
    ママが守ってくれないと、ボクが頑張らねば!だったのではないか。


    レオは、怪しい人と判断したら吠える。
    リードが張ると逃げられない不安感でパニックのスイッチが入る。

    パニック障害は、自分以外の保護でナントカなるものではない。
    どんなに外部から包み込んであげようと思っても、
    「自分で大丈夫」と思えなければスイッチが入ってしまう。
    むしろ「心配してあげる」が不安を呼ぶことすらある。
    平常心でいられる状態をサポートする、それもサポートが見えないレベルで…
    が理想だと思う。

    レオにとっては、それが退路はあるよ…というリードを緩めると、
    いいこ〜とかタンタンマーク♪とかの、
    レオが自分で自分の心を支えられるモノを提示してあげる事なんだろうな。

    ああ、そうか…
    レオの心をサポートする武器^^
    「いいこ〜」とか「タンタンマーク♪」とかの二次強化子、
    いつの間にか随分開発したんだなあ〜





    web拍手 by FC2




    JUGEMテーマ:わんこ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    twitter

    ペットショップに行く前に

    ブログラム

    グリムス

    FC2カウンター

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
    私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない (JUGEMレビュー »)
    夏目 真利子
    犬との向かい合い方を知れば、問題行動なんて無いも同然!って思いますよ、アタシは^^

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

     (JUGEMレビュー »)

    著者の体験を通して、
    社会心理学の授業を分かり易く著す。

    recommend

    NANA的恋愛成長マニュアル
    NANA的恋愛成長マニュアル (JUGEMレビュー »)
    真田 尚美, TEAM大魔王
    登場人物を通して性格分析を
    分かり易く説明。

    recommend

    赤毛のアン
    赤毛のアン (JUGEMレビュー »)
    村岡 花子,モンゴメリ
    最もポピュラーと思われる
    村岡花子さんによる翻訳本。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM